花とアクセサリー
<< Raminka mirankA 『白い手仕事』展、参加のお知らせ | main | 雫石巡り >>
電車
7日から実家のある岩手に帰省してきました。


岩手に帰る途中で仙台に立ち寄り、
2周年を迎えたラミンカミランカさんに遊びに行きました。

改装された店内は、細部にわたり
ラミンカミランカお二人のセンスが詰まった
白の空間。



ブログを拝見していると、
情報発信だけではなく、
お店の背景やお二人の深い絆や面白いエピソード、
お客様への想いなど、
心に留まる言葉が綴られていて、
時に笑って、そして優しい気持ちになります。

改めて、ラミンカミランカさんに
yayoiのアクセサリーを置いていただいていることが
どれだけ幸せなことなのか、
大きく感じながらお店を後にしました。






岩手に到着すると、電車に乗りたくなって
田沢湖線で雫石まで帰ることにしました。

前回、5月の連休にも乗って
都会とは違うリズムと速さで走る電車に
心地良さを感じてしまって。


こんな時には、くるりが聴きたくなって聴いていると
窓の外に見える風景と音楽があんまりにぴったりで
束の間の時間に、どっぷりハマりました。


この日は、兄家族がやってきて
姪っ子と甥っ子がお家で待っている。


雫石駅に着いても、お家まではまだまだ遠い。

兄が車で迎えに来てくれて、
途中、親友が営んでいるジェラート屋さん『まんま』に立ち寄りました。


店に着くと、
まるでバレリーナのように片足を上げてバランスを取りながら
ジェラードの冷凍庫に上半身を入れている親友が。

顔は、必死。


冷凍庫の霜を取っていたらしいけど
これ、写真家の梅佳代さんの写真に仲間入りできるくらいの
レアな面白い瞬間だったなぁ。

兄と私、大爆笑。



元気そうな顔を見て、ほっとして
各種類の味を買って、帰りました。


テレビを観る姪っ子


埋れている



アンパンマンと甥っ子

10:55 / - / comments(2) / trackbacks(0)
COMMENT
あれから姪っ子の方は「あれー?やーちゃんは?」ばっかり言ってた。
俺がお母さんからもらった爽健美茶を飲もうとすると、「だめー、やーちゃんのジュース!」と姪っ子が取り上げ、
「やーちゃん、どーぞ」っと誰もいない方向に高く掲げてた。生き霊が見えるのか?
この下りを俺が飲もうするたびに何回も繰りかえしたよ。
プレゼントありがとう。
また遊んでやってください。
minomushi / 2010/08/16 3:07 PM
ショコタンは、私が爽健美茶を飲んでるのを見てたからだと思う。
別れ際、この世の終わりのように泣き叫ぶショコタンを
車の中から本当に愛しく思ったよ。
お母さんは、泣いてたしね(笑
可愛いショコタンにまたあえるのを楽しみにしてるよ!
yayoi / 2010/08/17 8:49 PM









Trackback URL
http://blog.yayoi-mimi.com/trackback/1144352
TRACKBACK